東京入国管理局へビザ更新,経営ビザ,就労ビザ,国際結婚

東京入国管理局へ経営ビザ,就労ビザ,国際結婚,ビザ更新,ビザ変更,経営ビザ、

外国文書認証

外国文書認証

 外国口座開設や、外国の公的機関に文書を提出する場合、煩雑な認証手続を当事務所が行います。

例1:外国(香港やシンガポール等のオフショア)に口座開設したいが、できれば日本を出ることなく手続きをすませたい。
例2:外国赴任や海外事業展開が決まり書類を早急に準備することになったが、どうすればよいか分からない。

外国文書認証とは

 日本国内であれば、公的機関や金融機関などへ文書を求められた際、公文書や公的証明書を提示又は提出により適法に手続ができます。

 しかし外国の機関や銀行に提出する場合は、そのものを提出しても原則効果がなく、その内容を相手国向けに翻訳し、当該文書に法律資格者や各行政庁の手続が必要となります。

例:公証役場 → 法務局 → 外務省 → 提出国の大使館 → 相手国機関に提出

 当事務所にご依頼頂いた場合、上記手続及び翻訳を全てワンストップで行うことができます。

外国文書認証 代表例

◇パスポート認証+翻訳
パスポートの内容を英訳等行い、口座開設手続等において文書作成、認証手続致します。

 ハーグ条約加盟国の場合、アポスティーユ手続によりさらに早くなります。

◇サイン認証
会社設立、行政手続及び重要な契約(売買契約等)において、外国人の方は印鑑がなくとも有効な手続が可能となります。
◇翻訳認証
日本の公文書等の翻訳につき、相手国機関から行政書士等の国家資格者が認証した文書を求められた際に提出します。

 ※なお相手国提出先機関によっては、行政書士や弁護士の法律資格者作成ではなく日本国の公的機関によるものを求める場合があります。誰の認証を求めているか事前にご確認下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional