東京入国管理局へビザ更新,経営ビザ,就労ビザ,国際結婚

東京入国管理局へ経営ビザ,就労ビザ,国際結婚,ビザ更新,ビザ変更,経営ビザ、

帰化,国籍取得

帰化,国籍取得

目次

 ⇒【「帰化」とは?「永住」との違い「帰化,国籍取得」
   ・帰化の長所、永住の長所の両者を比較するPOINT 
 ⇒【国籍取得の方法「帰化,国籍取得」
   ・方法の比較、要件確認
   ・方法別の難易度
 ⇒【帰化の必要書類「帰化,国籍取得」
   ・審査基準
   ・立証資料
 ⇒【特殊なケース「帰化,国籍取得」
   ・二重国籍ケース

「帰化」とは?「永住」との違い「帰化,国籍取得

 「帰化」も「永住」も、それぞれ長所と短所があり、また要件が似ているように見えて、運用がかなり異なります。
 「帰化」と「永住」のどちらを目指すか、どちらを選ぶかは重要なことであり、その家族の人生、財産および在留資格(ビザ)が変わるなど、色々な問題も関わってきますので、当事務所は、かならずその説明および打ち合わせを行います。

例:海外出張・駐在が多い方は、「帰化」が許可されない場合がありますが、「永住」の条件がそろえば、永住は許可されるケースがあります。
POINT:外国人のままでいるか、日本人になるかの比較検討が必要


1、帰化または国籍取得の長所

[1]日本国民は、海外旅行に行くとき、ビザ免除の恩恵が多い

 例:アメリカ、中国、フィリピン等への短期滞在

[2]日本国民になれば、日本国民と全く同じサービスが受けられる

[3]日本人の名前に変更できる

[4]子や家族など、一定の人を日本に滞在させられる場合がある

[5]再入国許可その他更新の手続の必要がない

[6]一定の犯罪や処分を受けたときでも、他の在留外国人と異なり、日本で退去強制や上陸拒否等をされることがない


2、永住の長所

[1]自分の国に戻る可能性があるなら、自分の国では制約が少ない(自国籍を持ったままであるから)

 自国や日本以外でBusinessをやるなら、永住が向いている場合があります。

[2]原則、自国と日本の両方で永住できる

 このため、自国民でいながら、日本で仕事や手続の制約が少ないです。

[3]自国の財産を、これからも保有および譲渡できることが多い

 国によっては、国籍を変えると、財産の制限があります。

国籍取得の方法「帰化,国籍取得」

 次項では、国籍取得の方法をご説明いたします。

 ⇒【国籍取得の方法「帰化,国籍取得」
   ・方法の比較、要件確認
   ・方法別の難易度

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional