東京入国管理局へビザ更新,経営ビザ,就労ビザ,国際結婚

東京入国管理局へ経営ビザ,就労ビザ,国際結婚,ビザ更新,ビザ変更,経営ビザ、

技能ビザ

技能ビザ」(在留資格)目次

 ⇒【活動類型「技能ビザ」
   ・取得が必要となる活動類型
   ・具体的に利用されるケース 
 ⇒【難易度・リスク「技能ビザ」
   ・損失・国外退去リスクを避けるための事前確認
   ・ビザ(在留資格)取得の難易度
 ⇒【審査基準のポイント「技能ビザ」
   ・審査基準
 ⇒【必要書類「技能ビザ」
   ・立証資料

技能ビザ

 「技能ビザ」とは、日本経済の国際化のために熟練技能労働者を受け入れることが可能な在留資格です。

例:外国料理コック、建築技術者、宝石加工者等の職人
スポーツ指導者等のプロフェッショナル。

 ※アーティスト、ダンサー等は原則「興行」となります。
 ※プロスポーツの監督、コーチ等は「興行」となる場合がございます。

また待遇、形態によって「人文知識・国際業務」「技術」「芸術」「企業内転勤」等により立証しなければならない場合がございます。

 ※「技能ビザ」の在留資格認定に際しては、基準省令に基づく審査対象となります。

活動類型「技能ビザ

 法令上、下記の様な活動を行う場合に原則必要となります。

[1]調理師(1号)
外国料理店のコック(中華飯店、インドカレー屋、タイ料理、イタリアン等)
[2]建築技術者(2号)
ツーバイフォー工法、ゴシック、ロマネスク、中国等の建築、土木技術者
[3]外国製品の製造・修理(3号)
ヨーロッパ特有のガラス工芸、ペルシャじゅうたん等
[4]宝石・貴金属・毛皮加工(4号)
1、製品の製造過程技術者(宝石や毛皮から製品を作る過程)
2、素材の製造過程技術者(原石や動物から宝石や毛皮を作る過程)
[5]動物調教師(5号)
[6]石油探査のための海底掘削(6号)
その他地熱開発のための掘削、海底鉱物探査のための海底地質調査の技能者
[7]航空運送事業の航空機操縦者(7号)
[8]スポーツ指導者(8号)
[9]ワイン鑑定技能者(9号)
ソムリエ

具体的に利用されるケース

タイ料理店オープンのため、タイからコック招聘
輸入住宅建築のため、外国技能者をスーパーバイザーとして招聘

難易度・リスク「技能ビザ」

 次項では、許可の難易度・手続きのリスクをご説明いたします。

 ⇒【難易度・リスク「技能ビザ」
   ・損失・国外退去リスクを避けるための事前確認
   ・ビザ(在留資格)取得の難易度

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional