東京入国管理局へビザ更新,経営ビザ,就労ビザ,国際結婚

東京入国管理局へ経営ビザ,就労ビザ,国際結婚,ビザ更新,ビザ変更,経営ビザ、

経営・管理ビザ

経営・管理ビザ」(在留資格)目次

 ⇒【活動類型 「経営・管理ビザ」
   ・取得が必要となる活動類型
   ・具体的に利用されるケース 
 ⇒【難易度・リスク「経営・管理ビザ」
   ・損失・国外退去リスクを避けるための事前確認
   ・ビザ(在留資格)取得の難易度
 ⇒【審査基準のポイント・必要書類「経営・管理ビザ」
   ・審査基準
   ・立証資料

経営・管理ビザ

 「経営・管理ビザ」は、日本において外国人が経営又は管理(役員、他管理職)を行う際の在留資格です。
 外資企業の日本における管理者等も適用範囲となりえます。

 ※「経営・管理ビザ」の在留資格認定に際しては、基準省令に基づく審査対象となります。

 ※変更許可を検討する場合については、既に一部の在留資格(①「法律・会計業務」②「日本人の配偶者等」いわゆる身分系資格等)をお持ちの方は、在留資格変更を要しません。

活動類型

 法令上、下記の様な活動を行う場合に原則必要となります。

[1]事業の経営(例:会社の役員)
[2]事業の管理(例:部長、支店長その他)

具体的に利用されるケース

従業員(技術・人文知識・国際業務ビザ等)から経営者・管理者昇進による変更許可
外国料理店のコック(「技能ビザ等」)が自分の店をオープン起業
外国から招聘する工場長を部門管理者に選任

難易度・リスク「経営・管理ビザ」

 次項では、許可の難易度・手続きのリスクをご説明いたします。

 ⇒【難易度・リスク「経営・管理ビザ」
   ・損失・国外退去リスクを避けるための事前確認
   ・ビザ(在留資格)取得の難易度

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional