東京入国管理局へビザ更新,経営ビザ,就労ビザ,国際結婚

東京入国管理局へ経営ビザ,就労ビザ,国際結婚,ビザ更新,ビザ変更,経営ビザ、

配偶者ビザ,家族ビザ

配偶者ビザ,家族ビザ」(在留資格)目次

 ⇒【概要「配偶者ビザ,家族ビザ」
   ・具体的に利用されるケース
   ・配偶者ビザのメリット 
 ⇒【難易度・リスク「配偶者ビザ,家族ビザ」
   ・ビザ(在留資格)取得の難易度
 ⇒【審査基準のポイント・必要書類「配偶者ビザ,家族ビザ」
   ・審査基準
   ・立証資料

配偶者ビザ,家族ビザ

 配偶者ビザとは、いわゆる「結婚ビザ」や「家族ビザ」等で呼ばれている在留資格です。

 他国では、自国民の配偶者に国籍まで認めるような国もありますが、日本においても強力な在留資格です。

具体的に利用されるケース

日本人の配偶者等

日本人と結婚した外国人 ⇒ 申請可能
日本に帰化した外国人の配偶者と子供 ⇒ 申請可能
日本人の子供(実子、特別養子) ⇒ 申請可能

 子供にはすぐに日本国籍を取得させることも国際結婚の方法によって可能です。

永住者の配偶者等

永住者の配偶者 ⇒ 申請可能
特別永住者(在日韓国人協定永住者等)の配偶者等 ⇒ 申請可能 
永住者の子供 ⇒ 原則申請可能 ※場合によって不可

 子供については日本で生まれていない場合や日本に在留していない場合等、注意が必要です。

その他の外国人の配偶者等

就労系在留資格の外国人の子 ⇒ 申請可能
留学の在留資格の外国人の配偶者 ⇒ 申請可能

配偶者ビザのメリット

 取得できれば下記の代表的な大きなメリットがあります。

[1]安定在留がしやすい。
配偶者の地位、身分に基づく在留資格なので、就労活動を継続しなくてもよい。
就労系は、業務が変わったり職種が変わると変更、更新不許可の可能性がありますが、配偶者ビザは婚姻生活を継続し要件を満たすことで安定して在留できます。
[2]適法な仕事なら全て就業可能
基本的に就労無制限です。仕事の種類に法的制約がない点で日本人とほぼ同じです。
【就労無制限資格】就労できる業種に基本的に制限がないもの

 ※但し、家族滞在ビザの場合、原則アルバイトしかできません。

[3]「永住許可」や「帰化」によって国籍を取得するための通過点にもなりやすい。
※在留歴3年しかなくても「永住ビザ」がとれる場合もあります。

難易度・リスク「配偶者ビザ,家族ビザ」

 次項では、許可の難易度・手続きのリスクをご説明いたします。

 ⇒【難易度・リスク「配偶者ビザ,家族ビザ」
   ・ビザ(在留資格)取得の難易度

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional