無料相談予約(Counsulting Free)OK
Call From Japan
03-5575-5583
Call From Overseas
81-3-5575-5583
Email(24時間OK)
info@tanishima.biz

国籍取得の方法「帰化,国籍取得」

1、出生による国籍取得

父母のいずれか一方が日本国籍の場合、取得できるケース

2、国籍取得届出

例:婚外子の国籍取得に活用
POINT: 子の在留資格を取得し外国籍を維持するより、日本国籍が必要であれば、国籍取得届出をするべきです。ただし、必要手続は帰化に一部似ております。つまり、書類や申請までの手続は、かなり多く、ケースバイケースであり、何回も本国と日本を往復することもあります。

活用できるケース

[1] 認知された子の国籍の取得
[2] 国籍の留保をしなかった人の国籍の再取得
[3] その他の場合の国籍の取得

3、帰化

日本の血統その他身分関係がない方でも、一定の要件の許可により、日本国籍の取得が認められる

POINT: 書類や申請までの手続は、かなり多く、ケースバイケースであり、何回も本国と日本を往復することもあります。

帰化の必要書類「帰化,国籍取得」

次項では、帰化の必要書類をご説明いたします。

⇒【帰化の必要書類「帰化,国籍取得」
・審査基準
・立証資料

Copyright © 2018 東京入国管理局申請取次 谷島行政書士事務所(TANISHIMA IMMIGRATION LEGAL FIRM) All Rights Reserved.