東京入国管理局へビザ更新,経営ビザ,就労ビザ,国際結婚

東京入国管理局へ経営ビザ,就労ビザ,国際結婚,ビザ更新,ビザ変更,経営ビザ、

特殊なケース「帰化,国籍取得」

特殊なケース「帰化,国籍取得」


二重国籍ケース 

 二重国籍を認めていない国は多いのですが、このケースも実務上あります。

例: 日本人である父の子(未成年)が外国で生まれたときに、日本国籍とともに外国の国籍を取得できる場合(アメリカ等の「出生地主義」)

必要な手続

 このとき、子がこれからも日本国籍を有するためには、「国籍留保」の届出等の一定の手続が必要となります。このように必要な手続を経れば、子が22歳までにいずれかの国籍を放棄するまで、日本国籍と他国籍を両方持つことができる場合があります。



 ⇒【「帰化,国籍取得」の目次に戻る】

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional